さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

ブログの収益化に失敗した話

ブログをやってるとブログ仲間ができるので、そうするとべつにお金を払わなくても、たまに稼いでる人からアドバイスもらえたりすることがあるんです。

あるいは人のブログ読んでたら普通に書いてあったりとかね。

それで試しにその通りにやってみたんだけど、やっぱり私には無理だなーと思った、そういう話を今日はしたいと思います。

続きを読む

セミリタイア? 会社を辞めた体験録

 会社を辞めてそろそろ1年半経ったので改めてこのテーマについて考えてみようと思います。

 

f:id:sakenominimal:20170309144435j:plain

自己紹介

私は24歳で会社を辞めました。貯金は150万でした。辞めてからしばらくは失業保険で暮らしていました。それから一年は一切働きませんでした。

去年の8月から「まかないが無料で食べられる」という理由で近所のレストランで一日3時間、週2回バイトを始めました。レストランは仕事というよりご飯と思っているのであまり苦になりませんが、いよいよそれだけでは生活が成り立たなくなってきたので、最近派遣の仕事も始めました。

一日9500円もらえるので、週2日も働けば7万円は入りますし、それだけあれば十分暮らせます。

 

これで目先の生活は普通に成り立ってしまうことが発覚し、何かあれば今の派遣先がいつでも喜んで社員として雇用してくれるというお話までいただき、逆によほど何か起こらない限りいよいよ週5フルタイムという形で社会復帰する気がなくなってしまいました。

事実上セミリタイアかもしれません。

続きを読む

「駅員に怒鳴りつけるサラリーマンの気持ちがわからない」と言う母

父親の東京転勤についてきたという母親と久々に食事に行ったときの話です。

東京の電車は(本数とか満員電車とか人身事故率とか)やばいという話題に花が咲きました。

そこで母親は言うのです。

 

「最近は駅員さんに怒鳴りつける人なんているのね。しかも結構多くて、びっくりしちゃった。駅員さんもかわいそうに。電車が遅れたからってあんなに怒らなくもいいのに。しかも不思議とね、スーツを着たサラリーマンが多いのよ。変な人とかならまだわかるけど、きちんとお仕事されてるちゃんとした方なのに、どうしてあんな小さなことでキレるのかしら。ひどいと思う!」

 

続きを読む

自信がないとか自己否定感とか乗り越えたあと

お久しぶりです。

ブログを始めてだいたい早二年ですので、ちょっと今までとこれからを整理しようと思います。

 

ブログを通して自分を貫ける人間になりたかった

「自分に自信が持てません」とか「人前で自分を出せません」とかそういう話を巷で聞くと懐かしくなります。

私もそういう自分を変えたくてブログを始めたからです。

でも自然とそれができるようになったとき、いちいちそれを書く必要がなくなった。

自分がブログを始めた当初の目標を、私は達成したんですね。

 

その先で、次はどうするのか。

そればかり考えつづけた一年だったように思います。

 

自分の世界を安定して守れるようになったのは良いことなのですが、以前にも増して世の中や人の悪い面ばかり目につくようになりました。

「自分を持つ」ということは、「物事への疑い癖がつく」ということでもあります。

それは手放しになにかを信じるよりはきっとずっと良いことです。

でも猜疑心だけの人間は美しくありません。

物事の悪い側面を見つけるたびに「じゃあ自分は」と考えては、明確な答えというのは簡単には出てこないのでした。

 

ただふと思ったのは、手の届かないような憧れの人をたくさん見つけたいなと。

昔は手の届かないものに憧れても参考にならないし意味がないと思っていたんです。

また、人の悪いところばかり目につくとかすぐ疲れるとか、そういう自分の短所を無視して無理に良いところだけ取り上げたところで胡散臭くなるとも思っていました。

 

それは今でもそう思うのですが、今はなんというか、ふと思った悪口の数だけ何かに憧れたいと思っています。

そういう人に少しでも近づくためには何か自分も頑張った方が早いのだろうとは思うのですが、私はそんなに夢があるエネルギッシュなタイプではありません。

自分の身の回りのどれに意味があってどれが無駄なのかもよくわかりません。

だからバイト先の床掃除からブログに意見を書くことまで、とりあえず今できることを闇雲にやっていくしかありません。

 

嘘だらけの世界

本でも先人のアドバイスでも、人生に対して簡単な答えをくれるものの大半は嘘だと思います。

世の中嘘だらけです。

それに負けて嫌になっちゃうだけの自分のままでは居たくありません。

わかりづらいところにある大切なものをたくさん見出せる人間になりたいです。

自分が自分のまま、たくさん良いものを取り入れて、良いことをしていけるようになりたいです。