読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

現代をゆるく過ごす(京都 カフェ満月の花)

昨日は京都のとあるカフェの新たな門出祝いに行ってきました。

 

 

ランチ・軽食・ドリンク・デザートからお酒・おつまみまで幅広くさまざまなメニューを取扱い、2階の広間を貸し出してしばしば趣味イベントやセミナーを開催するこのお店。

 

もともとは「月の花」という名前だったのですが、

 

 

f:id:sakenominimal:20150220110158j:plain

 

ご覧のとおり「満月の花」という名前に変えてリニューアルオープン。

けれども名前以外、店の内装や営業内容等、一切何もかわっていません。

 

ではなぜ店の名前だけわざわざ微妙に変えたのか。

 

 

きっかけはある一通の手紙から始まったそうです。

 

「月の花という名前は商標権の侵害にあたります。損害賠償の請求云々…」

 

これを見た店主びっくり。

 

でも新手の面白い詐欺かと思って放っておいたそうです。

 

…強い。

 

するとある日のこと。

なんとあのさまざまな大手チェーン居酒屋を展開する某企業の常務が商標権の主張をするためだけに自ら店にやってきたのです。

 

店主びっくり。

 

なんか、チェーンで月の花という名前の居酒屋を展開しているらしく。

 

常務さん、店内をぐるりと見渡し一言。

 

「お酒まで置いて、完全に居酒屋じゃないですかここwww

 

…というわけで、同業者として月の花の名前を名乗るのはやめてほしいと言われたそうです。

 

「せめて『月の花束』とか、『満月の花』とか。それなら私たちは何も言いません。」

 

とのお言葉を頂いたそうで。

 

店主「じゃあ満月の花でいいや(´∀`)」

 

 

 

 

決定。

 

そして急きょ知り合いの書道家さんを呼び、

いままで店の名前を入れて飾っていたのれんに、

 

f:id:sakenominimal:20150220110140j:plain

 

手書きで『満』って足した。

 

 

 

だからよく見ると満の字だけちょっとにじんでるwww

 

 

 

なんだか本当に、著作権とか商標権とか、権利関係うるさい世の中です。

 

もちろん悪意を持ってパクるのはいけないけど、

素敵な名前、

たまたまかぶっちゃったり、 

大好きなもの、

思わず先走って許可とか忘れて紹介しちゃったり、

それってそんなに悪いことなのかな。

 

 

何はともあれ。

 

言葉は変わっても、名前は変わっても、

お店の方も常連さんも、みんな変わらずこのお店が大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんも、京都にお立ち寄りの際はぜひカフェ月の花…じゃない、満月の花へ! ↓ ↓


京の癒し町家【カフェ満月の花】 - カフェ満月の花|京都四条烏丸