読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

介護医療従事者が語る!長生きする人、しない人

今回お話することは、介護医療の現場で働かれている方の生の意見です。

仕事柄ご高齢の方の老衰を看取ることも多い。

そんな方がアドバイスする、長生きの秘訣です。

 

f:id:sakenominimal:20150528131232j:plain

 

 

介護施設にいるお年寄りの方は、性格のタイプとしておもに3つに分かれるそうです。

 

  • 怒ってばかりのトラブルメーカー
  • 温和で陽気、ニコニコした人
  • おとなしく真面目で静かな人

 

そして早くに亡くなってしまうのはいつも、この中にある1つのタイプと決まっているそうです。

 

みなさんはどれだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

正解は、おとなしく真面目で静かな人です。

 

 

怒鳴り散らしてばかりのトラブルメーカーは、幼稚園で言えば問題児・やんちゃ坊主のようなもの。

職員の手がかかり常に目をかけられているため、案外長生きするそうです。

 

対して温和でニコニコした人は、どの世代であってもみんな好きです。

職員の癒し的存在でもあり、自然と顔もほころび、なんでもしてあげたい、そんな気分になるそうです。

 

最後にもっとも早くに亡くなってしまうタイプ、おとなしく真面目で静かな人。

忙しい介護医療の現場では、どうしてもトラブルメーカーの対処が最優先になってしまいがちで、このタイプの方々にはあまり目が行き届かないことも多い。

申し訳ないなと思う間に、静かに亡くなってしまうのだそうです。

 

 

 

いかがでしたか。

 

 

なんだか良識的な人間がバカをみるようで、私は少し複雑な気分になりました。

好き放題の人間が居心地良く会社に居座り続け、もくもくと働く真面目でおとなしい人がバカをみる、今の会社を思い出しました。

 

人間は年をとってもそのままなのですね。

 

 

 

まとめ

長生きする人の特徴。

  • 人とのつながりがある
  • ストレスがない

そういうことではないでしょうか。

 

トラブルメーカーは毎日がストレスの発散であり、温和な人はセルフコントロールができているからこそ周りに笑顔を与えられる。

 

おとなしく静かで真面目な人は、物言わぬままひとりストレスを溜めこみ続け、最期まで何も言わないままひっそりと亡くなっていく。

 

そんなの嫌じゃないですか。

我慢するより笑って生きられる場所を目指しましょ。