読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

辛いなら家族や世間から逃げていい

こころ

何かに挫折するたびに、親はキンキン大喧嘩。

 

「あなたのせいでこんな子になったのよ!」

「いつも見てるのはお前だろ!」

 

失敗するとこうして間接的に、全力で両親から否定される子ども。

 

 

だから、

 

失敗するのが怖くなる。

行動するのが怖くなる。

 

すると、

 

「あなたはなんでそんなに自信が無くて消極的なの!?」

 

・・・また親に怒られる。

 

 

「どうせ何をやっても無理だよ。」

 

心のどこかで救いを求めて、口をついてぼやいた言葉を親にきかれると、

 

「どうせなんて言うのやめなさい! あなたいつも卑屈なのよ!!」

 

と徹底的にまた否定される。

 

誰のせいでこんな卑屈になったと思ってるんだ!!

 

 

それが言えない、思えない。

怖くて、怖くて、人のせいにする自分がやっぱりクズな気がして。

何かのせいにしたところで、それは前に進めない言い訳にはならないこともわかっていて。

 

辛い。

 

 

 

あの頃の私に伝えたいこと、それがあなたに伝えたいこと

客観的に見てなんでも人のせいにする親の方が悪いし、百歩譲って自分がクズだとしても、自分が生きるためならば、人のせいにしてもいいじゃないですか。

一生背負って苦しみ続けるくらいなら、全ての関係を壊したって構いません。

 

自分の世界の中心にいるのは、自分であって許されるはず。

善悪の判断基準が、自分自身ではなく親になりがちなときに考えたいこと。

それは、「自分」の基準を見出せるまで、何が本当に正しいかなんてわからないってこと。

大人になる前に思い詰めて、心や命が死んでは憐れです。

 

 

だからどうか、目の前の辛い環境から逃げて下さい。

それはいけないことじゃない。

 

心無い人から責められ続けて、逃げるのは悪いことと思い続けて、この世から消えた人がたくさんいます。

消えてなお生きる人から責められ続け、都合よく忘れ去られています。

 

f:id:sakenominimal:20150627152123j:plain

 

そんな社会から、逃げて下さい。

きっと、大丈夫。

こんな記事を最後まで読んでくれるほどに、あなたには自分と向き合う力があるのだから。