さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

やりたいことなんて、ほんとはない

だからいつだって、お金を稼ぐのは嫌々。

不本意なことをすることが仕事とすら思ってる節がある。
 
 
無職になって、「これからどうするの。」とよく言われます。
意志も展望もとくにありません。
 
好きなようにするだけ。
若さを武器にそれがまだ許されることを、私は知っているだけ。
 
 
無職だから、好きなようにしていい。
好きなようにするから、稼げない。
 
やりたいことで稼げる人は羨ましい。
そういう人を見るたびに、自分がしたいことを考える。
 
 
家事は好き。
ぼーっと自分のペースでできるし、やればそれなりの成果がでるから。
 
家のことをして、気の合う誰かがいてくれて、少しばかりお酒を飲んで日が暮れるなら、それが一番幸せ。
 
だから今が一番幸せ。
 
でもそれじゃ稼げない。
 
 
 
よく結婚しろと言われるけれど、他人に何かを託すのも託されるのも、不毛な気がして好きじゃない。
 
 
自分を殺してお金をいただくことには、それなりにきっと慣れたから、繰り返してだましだまし生きていく。
 
それが嫌でやりたいことを捏造しても、その時点で結局自分を殺していることに、私は気づいてしまった。