さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

執事喫茶に行ってきたよ

友達とふたりで執事喫茶に行ってきました!

超人気店で、どの日もどの時間も、満席、満席、満席。
 

f:id:sakenominimal:20150925114105j:plain

 よく予約とれたよなぁ。

 

 残念ながら店内は一切の写真撮影が禁止されているので、せめて外観だけでもぱしゃり。
 

f:id:sakenominimal:20150925115533j:plain

 
階段を下る時点で、すでに雰囲気が出ています。
 

f:id:sakenominimal:20150925114144j:plain

 
「おかえりなさいませ、お嬢様。」
 
にっこり。
 
ぬおおーきたきたきたきたああああ!!!
このしなやかな所作、優しげな声!
 
 
こ れ ぞ 執 事 ♡
 
 
・・・と内心ではテンション上がりまくっているのですが、やっぱり実際は照れちゃいます。
空気感がなんか違います。
 
 
「ではお嬢様、こちらへ。」
 
 
私たちの席を担当してくれた執事さんは、背が高くて足が長くてかっこよくて、所作もスマートだけど表情はぶっきらぼう。
 
 
でもね。
 
 
「椅子、もうちょっと深く腰掛けていいのに。そんなに緊張…はしてなさそうだったね! 力抜いてくださいね。」
 
ふわり。
 
と笑ったあああキャアアアかっこいいぃぃっていうかクールなイケメンかと思いきやお茶目とかどこまで完璧なの君ーーーー!!!
 
 
 
 設定としては、客である私たち「お嬢様」が屋敷へ帰ってきて、そのほんの一角でリラックスティータイム、といったところのようです。
 
 
メニューにはRPG風味のデザートがあって、
 
歩くごとにダメージを受ける毒の沼
 
とか、食べ物にその名前つけちゃっていいの? って、執事さんもツッコんでました。
 
 
でも、ホワイトチョコレートにあったかいチョコレートをかけると鍵穴が出てくる演出とか、おいしいだけじゃなくて楽しく食べられるのがよかったです。
 
 
執事さんが鞄を預かってくれるし、紅茶もなくなればすぐいれてくれるし、少し離れてるからきいてないと思ってた会話も突然ひろってくれたりします。
 
 
まさにお嬢様気分♡
 
 
店内は女性だらけ。外国の方も来られていました。
男性のお客さんはひとりも見かけませんでした。
 
 
みなさんも予約して、夢の時間をいかがでしょうか?