読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

希望と絶望の福袋

友人が福袋を買ってきました。

縦・横ともに50センチはあるかという立派な紙袋です。

 

「3500円もしたからな! 袋もでかいし、きっとすごいの入ってんで!」

 

新年会でみんなにお披露目。誇らしげです。

 

おもしろ雑貨 グッズ いろいろ福袋 2015

 

 

 

開けてみるとまず初めに出てきたのは、アメリカ柄のくたびれたクッション。

ほぼ紙袋と同じ大きさです。

 

 

これ、他にもう何も入ってないんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

一応出てきた品々を挙げると、

 

  • ちっさい謎の缶バッチ
  • 子ども用のラムネとかついてそうなワンピースのフィギュア
  • 別に100均でも買えそうなシリコンのジップロック
  • ウサビッチのシール

 

 いずれも袋とクッションの隙間を埋めるようにチマチマと入っていました。

 

 

 

「あげる」と言われても誰も欲しくなかった缶バッチは袋の外に出た瞬間にゴミとなり、

ワンピースのフィギュアはおとなしそうな子に強引に押し付け引き取られ、

新年会をした宅飲みの部屋には無造作にウサビッチが貼られました。

 

食事の時間

 

 

そして友人はシリコン製のジップロックを眺めながらうわごとのように、

 

「レシピ入ってるやん…

 野菜も煮れるし… ホラ、ごはんも一合炊けるって…

 ええなぁ、うん。これええやん。うん…ヨカッタヨカッタ。」

 

などとブツブツ言っていました。

 

 

福袋で福は来るのか

 

絶対ただの在庫処分だよね。

 

散々な結果に終わりましたが、ただひとつよかったことは、値段のわりに中身がダメ過ぎてとても場が盛り上がりました。

 

物質的豊かさというよりも、そういうひとつの話題としての福を提供してくれたのでしょう。うん。

そういうことにしておこう。