さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

もうブログやめようかなって、相談した相手はブログだった

去年の夏に炎上してからいろんなブログを見るようになりました。

 

そうして自分が書く原動力は会社のストレスでしかなかったことや、それまで書いてきたことが使い古された考えでしかなかったことに気づいてしまいました。

するともう、いくらそれを良いと言ってくれる読者さんが居ても、自分が書きたくなくなってしまうのです。

 

f:id:sakenominimal:20160202211655j:plain

 

 じゃあ何が書きたいの?

 

結局、私は何がしたいのか。

会社を辞めてストレスもない。

自分が言いたいことはもっとうまくまとめているブログがある。

私には、ネットを通して人に伝えたいことなんて、もう何もないのでした。

 

 

一年も書いた。

去年にひとしきりオフ会も楽しんだ。

新しいこともとくになくなった。 

 

もう、いっかなって。

 

 

けれどブログでつながった人がいます。

旅先で仲良くなってブログだけでつながっている人もいます。

そう考えると私はやっぱりまだ、惰性でも書く理由が欲しくなってしまうのです。

だから検索する。見るだけなら自由だから。

 

『ブログ やめようかな』

 

 

 

 

ameblo.jp

 

アメブロ系ママさん。

 

あれを書けばこう言われるんじゃないか、
 
これを書いたら嫌味くさい?
 
こう書いたら比較してるとか思われる?
 
これを書いたらネガティヴ?暗すぎ?
 
お金の話はまずい?
 
とかとか。

 

うん、わかる、わかるよ。

 

 

kawamuramisao.com

 

やり手っぽそうな社会派ブロガー。

 

かなしくなる。マーケター目線で社会現象をきったこともある。20年間セールス経験でえた、コミュニケーション力で、こんなコミュニケーションはおかしいと書いたこともある。フリーランスが半年先の収入を心配しなくてもよい、ビジネスモデルについても書いたことがある。

なのにである。なんで、Tシャツの乳首やねん。

 

自分の一番人気の記事が乳首

茶化して書いてるけど、私もできないなりに人目を気にして力入れた記事とかあったもん、これは結構悲しかっただろうなって、わかるよ。

 

 

d.hatena.ne.jp

 

徒然と日記を書いてきた人。

 

そろそろ人生における次のステージに行こうかなと考えたときに、このブログを書き続けるのはやめたほうがいいんじゃないかという気がしてきました。ブログをはじめたことで多少は人生が変わったと思いますが、今度はやめることでまた人生が変わるのだと思います。

 

そう、続けることが必ずしも良いこととは限らないのよね。

外の世界にやってみたいことがいっぱいできて、きっとそれはとても良いこと。

 

 

 

こんな調子で、いろんな境遇の人の「ブログをやめたい」ブログを読みました。

そして気づきました。

 

私やっぱり、ブログ好きだなぁって。

 

どうしても書きたいことなんてもうないはずなのに。

検索したところで何も解決しなかったのに。

やっぱりなんか、好きだなぁって。

 

ちょっとした恋の未練みたいですね。

どうやってこの記事をまとめていいかもわからないくせに、きっと私、まだまだ続けるんだろうなぁ。

 

 

 

 

後日談

持ち直しました。 

sakenominimal.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする