読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

自己嫌悪で消えたいときに読んでほしい記事

 「あなたのためを想って言っているんだよ。」

 

と言われても、言われる側からしてみれば一方的な気持ちを押し付けられて、
本当の意味で自分のことなんて想ってくれていないと感じたりする。

そうやって応援の言葉が、余計に誰かを孤独に追い込んだりする。

 

けれどそう思えるのならばそれはまだ自分を大切にできている方で、
消え入りそうな自我で生きていると、

 

「これだけ想って言ってくれているのだから言うことをきかなくては。」

 

と飲み込まれてしまったりする。

 

f:id:sakenominimal:20160508140906j:plain

 

自分と他人が違う人間である限り、叶えられる要望にはどうしても限界があるから、いつか「想って言ってる」という形で責められてもどうにもできなくなる日が来る。

そうやって、自分のすべてを消しても人ひとり喜ばせることもできないと知った日に、
消え入りそうな自我はいよいよ本当に消えようという気分になってくる。

 


人は勝手な解釈で自分を見るし、自分もまた誰かに対して勝手な解釈しかできないのだということを忘れてはいけないと思う。

自分のやっていることが不安になって、

 

たくさんの人にきいても、

誰にきいても、

恋人やカリスマを見つけても、

 

究極のところ、自分が言って欲しい言葉をかけられるのは自分しかいない。

 

誰かの想いに耳を貸す優しさはたしかにきっと必要だけれども、まずは自分の想いをわかるようにならないと、たくさんの他人の意見との適切な距離が取れないんだよってこと、もっと多くの人に気づいてほしいと思う。

 

私、できなかったんだけどね。

世の中自分の心より他人の意見の方がなぜか強いから。

できなかったんだけどね、必要なんだよ。