さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

岐阜の手力の火祭りがリアル大炎上過ぎてやばい

長良川と山々が美しき岐阜

時刻は午後5時。

街の真ん中に金華山がそびえ立ち、その横を長良川が悠然と流れている。

涼しげな川辺には鵜飼の船たちが並び、観光客を乗せてゆったりと岐阜の街を横切っている。

 

いい街だなぁ(*´ω`)

 

この夏の風景を観るだけでも、岐阜に来た価値があると思う。

しかし本番はここから。

 

f:id:sakenominimal:20160820215357j:plain

夕方の空にそびえ立つこのご神灯こそが、今日のメイン、火祭りなのだ。

 

 

火祭り、始まる

まず祭りに参加する男たちが入場。

f:id:sakenominimal:20160820215414j:plain

 

その次に、お神輿がやってくる。

f:id:sakenominimal:20160820215421j:plain

なんか光ってる!!!

 

中でもこのミニオンズが一際目立って輝いていた。

表面をLEDで覆うのではなく、内側から発光することにこだわって作られたらしい。

 

それにしてもミニオンズ、もちろん日本の神事とは全く関係ない。

普通に最近流行りの海外の映画キャラクターである。

 

ミニオンズ [DVD]

ミニオンズ [DVD]

 

 

それぞれの町が毎年好きなようにお神輿を作るらしく、浦島太郎からアンパンマン、スターウォーズまでカオス空間と化していた。 

そんな文化祭ノリでいいのか…

 

さて、お神輿のお披露目が終わると、ご神灯の点灯が始まる。

突然パァン!とえげつない爆竹音が響き、なんとご神灯からナイアガラ花火が出てくる。

 

f:id:sakenominimal:20160820215429j:plain

 

この花火が燃え尽きるとご神灯にゆっくりと灯りが灯るという不思議システム。

町内によって花火の色が違ったり、こだわりがあるらしい。

 

f:id:sakenominimal:20160820215434j:plain

これですべてのご神灯への点火が終わった(ひとつだけ付かなかったけど)。

 

ふぅ、楽しかった。

予想通りエキサイティングな祭りだったなぁ。

 

そう思っていた、そのとき。

神輿を担いだ男たちが再び出てきて、それと同時に爆竹が鳴り、ご神灯の隅にあった竹の柱が火を噴き始めた。

 

なになになになに何やるの!?

 

 

f:id:sakenominimal:20160820215441j:plain

!? ミニオンちゃん!?

f:id:sakenominimal:20160820215446j:plain

ぎゃあああああ

 

私のお気に入りのミニオンズお神輿とそれを担いだ男たちが、悠然と火を被りに行った。

動揺する私をよそに、アナウンスが鳴り響く。

 

「ひのこは熱いですが、なぁに、ほんの禊です。ありがたい。

 

えええええ!?

唖然とする私に、さらにアナウンスが追い打ちをかける。

 

「客席にもひのこが飛ぶ場合があります。ご注意下さい。」

 

ご注意も何も…注意しようがないような…?

 

ポカンとしてる間に、ひのこを潜り抜けたミニオンズは両手から花火をまき散らすヒャッハー野郎と化し、ほかのお神輿も信長公のちょんまげが炎上したりアンパンマンがコゲパンになりかけたりと大変なことになっていた。

 

こうしてすでにお腹がいっぱいの火祭りだが、お神輿が落ち着き退場する頃に最後の〆がある。

 

再び燃え盛るひのこのシャワーに、半裸の男たちが自ら突っ込んでいくのだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:sakenominimal:20160820215454j:plain

司会「綺麗ですね~(*´ω`)」

 

…なんかこういう絵見たことあるような気がした。

 

図説 地獄絵をよむ (ふくろうの本)

 

その後バカでかい花火がすごい音と振動と花火カスをまき散らしながら夜空に上がり、私はただただ唖然としていたけれど、

 

「これはまだ本番じゃなくてデモンストレーションだから、空いててよかったね!」

 

とにこやかに友達に言われたのであった。

 

おそろしや、岐阜県。

衝撃的な夏をありがとう。