さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

ブログと私と気持ちとお金

ブログをやっていると、日常より選択の機会が増える気がします。

いろんな人のブログの方向性を見て、自分はこれでいいのかなと思うことが増えるのです。

ブログに広告をつけて、中途半端にお小遣いをもらってしまうと、とくによく考えてしまいます。

本気で稼ぎたいならこれじゃあいけないんだろうなと。

 

ありがたいことに、身近に親切な先輩がたくさんいるのです。本気でやりたいと願えばきっと不可能ではないのです。なのに私はいつも、結局やらないのです。

人から見れば言い訳で、やらない理由で。そんなものばかりに重きを置いて愛してしまっているというか。良くも悪くもこのブログには思い入れがありすぎるのです。

 

炎上ばかりで未だに「死ね」とか書かれる過去記事でさえ、ひとつの思い出な気がして消せないのです。当時勢いで消してしまったものもあるけれど、ちょっと後悔していたりするのです。書き直したら書き直したで、当時の稚拙な危うさやとにかく白黒ハッキリしたくてしかたがなかった気持ちが消えてしまう気がして寂しいのです。

 

読みやすくてハッキリした記事の方が、あるいは多くの人の悩みに応えられる記事の方が、ウケが良いこともわかっています。もっと短くて力強い記事、俗に言うオピニオン系を書いた方が、お小遣いはきっと増えるでしょう。

実際、そういう人の記事を読むこともあるのです。でも自分がやることを考えると、不安にかられるのです。なぜなら、オピニオン系を書いている人たちの多くが、自分の文章に人生を取り込まれてしまっているように感じるからです。

 

一方で、自分勝手に振る舞っていては多くの人に読まれる記事は書けません。経験豊富であったり頭の良い人は自分の知識を書けば人に重宝されるだろうけれども、そうでもない人が読まれるためには、ある程度自分を削る必要があります。けれどそうすると、ブログに自分の弱さが出せなくなってしまうように思います。そうすると、弱さに気づきづらくなって麻痺してしまうような。そしてそれはプライベートの大事な選択を誤る第一歩になってしまうような。

 

自分の文章を仕事と割り切ればよいのです。けれど果たして、自分の指先から紡いだ文章を、築き上げてきたものを、そんな風に割り切って続けることができるでしょうか。みんなできていないから、オピニオン系の人はどこか儚げに見えるのではないでしょうか。

 

もしも私がやるとしたら、どこかでひっそりと違うブログを立ち上げることになるでしょう。そしてそれも、いつまで続くかわからないでしょう。そんなことしなくてもシンプルに、好きなことを書けば稼げるという人もたくさんいます。ただ私の場合は無理です。音楽でも美術でも分かり辛いものばかり好きになって、誤解のないように、少しでも伝わるようになんて思ったら、一言一句とにかく詳しく長ったらしくなるのです。それでも当ブログではそれができるようになることが今の私の目標なので、問題はありません。このブログはいつも、第一に私のために存在するからです。ただ人にウケるかというと、絶対無理だと思います(笑)

 

問題は、このブログを離れたネットのどこか片隅に、ただ稼ぐための世界を置く覚悟ができるかどうかだよなぁ。嘘を書くのは良くないけれど、会社や人間関係の悩みとか、そういう見る人が見ればわかりきった同じようなことを書きつづけてお金を稼ぐのは、ダサいけど悪いことではないのですよね。

 

いろんな人を見ていろんなことを思って、自分は何を書いてその結果誰にどう思われるのでしょうね。いつも選択の連続。

 

 

広告を非表示にする