読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

自信がないとか自己否定感とか乗り越えたあと

お久しぶりです。

ブログを始めてだいたい早二年ですので、ちょっと今までとこれからを整理しようと思います。

 

ブログを通して自分を貫ける人間になりたかった

「自分に自信が持てません」とか「人前で自分を出せません」とかそういう話を巷で聞くと懐かしくなります。

私もそういう自分を変えたくてブログを始めたからです。

でも自然とそれができるようになったとき、いちいちそれを書く必要がなくなった。

自分がブログを始めた当初の目標を、私は達成したんですね。

 

その先で、次はどうするのか。

そればかり考えつづけた一年だったように思います。

 

自分の世界を安定して守れるようになったのは良いことなのですが、以前にも増して世の中や人の悪い面ばかり目につくようになりました。

「自分を持つ」ということは、「物事への疑い癖がつく」ということでもあります。

それは手放しになにかを信じるよりはきっとずっと良いことです。

でも猜疑心だけの人間は美しくありません。

物事の悪い側面を見つけるたびに「じゃあ自分は」と考えては、明確な答えというのは簡単には出てこないのでした。

 

ただふと思ったのは、手の届かないような憧れの人をたくさん見つけたいなと。

昔は手の届かないものに憧れても参考にならないし意味がないと思っていたんです。

また、人の悪いところばかり目につくとかすぐ疲れるとか、そういう自分の短所を無視して無理に良いところだけ取り上げたところで胡散臭くなるとも思っていました。

 

それは今でもそう思うのですが、今はなんというか、ふと思った悪口の数だけ何かに憧れたいと思っています。

そういう人に少しでも近づくためには何か自分も頑張った方が早いのだろうとは思うのですが、私はそんなに夢があるエネルギッシュなタイプではありません。

自分の身の回りのどれに意味があってどれが無駄なのかもよくわかりません。

だからバイト先の床掃除からブログに意見を書くことまで、とりあえず今できることを闇雲にやっていくしかありません。

 

嘘だらけの世界

本でも先人のアドバイスでも、人生に対して簡単な答えをくれるものの大半は嘘だと思います。

世の中嘘だらけです。

それに負けて嫌になっちゃうだけの自分のままでは居たくありません。

わかりづらいところにある大切なものをたくさん見出せる人間になりたいです。

自分が自分のまま、たくさん良いものを取り入れて、良いことをしていけるようになりたいです。