さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

メディア「今日は社畜祭りだぞ!」に寄稿しました

 はじめに

人気ブロガーであるヒトデさんが運営する、社畜の苦しみに特化した(?)メディア、「今日は社畜祭りだぞ!」。そこに今回私が寄稿させていただきました!

f:id:sakenominimal:20170723213257p:plain

その文章がこちら!

shachiku-festival.com

 

初めてお金をいただいて書いた記事です。ちょっとしたライター気取りです。…いや実際は遠くおよびませんが。たまには気取らせてくれ。

そういうわけで珍しく真面目に書いているし、何よりメディア運営者であるヒトデさんのバックアップもあるので、長いけど読みやすく良い記事に仕上がっていると思います!

 

それにまあ、バックアップと言ってもレイアウトや画像の補正ぐらいで、文章自体はほとんど元のまま残してくれたので、ありがたいことに私らしさが色濃く残っているかなーと思います。

 

そんなわけでぜひ読んでね〜。

 

当ブログと会社ネタの歴史

私が会社系の記事を書いていたのはまだブログを始めたばかりの頃、新卒で入った前職でめっっちゃストレス溜まってた時代がピークですね(笑)

 

sakenominimal.hatenablog.com

 

愚痴りすぎて「悩める会社員」というカテゴリーまで成立する始末(笑)

sakenominimal.hatenablog.com

 

でも私が思っている自分の良いところがあって、それは会社や愚痴にいつまでも囚われなかったところ。実際に辞めて、納得して、その上で随時ブログを書いていけた、

 

sakenominimal.hatenablog.com

 

あるいはあえてネットに書かないという判断をした時期があった。これ私、自分のすごく良いところだと思っています。

 

だからもしこれを見ている人で、会社が辛くて愚痴を言う場所がほしくて自分もブログ始めようかなって思ってくれる人がもし、もしも、ひとりでもいたら。

 

そうやって一歩踏み出して行動することはとても素敵だと思います。

ネットには共感してくれる人がたくさんいます。お小遣いだって多少入るかもしれません。

けれどそこで道は終わっていない、「愚痴のもう一歩先にいつかは行こう」ともがいてほしいと、私は思うのです。

 

寄稿した感想

今回文章でお金をいただけたのは、偶然ヒトデさんが声をかけてくれたからです。

あと会社ネタという書きやすいテーマで、文体にこだわらずとにかく体験を書けばOKだったからです。初めてだけどヒトデさんが良心的な人なので安心して引き受けることができました。

というのも、ネットで文章を書くのってよほどの実力派じゃない限り安く買い叩かれがちな印象があるんですね。でもヒトデさんはきちんとした価格を支払ってくださいました。

 

おわりに

こういうかんじの依頼なら、またご縁やお話があればやってみたいなと思いました。ないかな? ヒトデさんかなり良心的だもんね。

 

あ、、ちなみに!!!

お金とか関係なしに、普通の個人ブログで普段交流のある方なら寄稿のお話大歓迎です!!

ただお金関係ないのでめちゃくちゃ好き勝手書きますが(笑)

一応パソコンで文章の整理ぐらいはするので、ぜひお声かけください(笑)