さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

春爛漫、旅か帰省か沈没か

やっと、やっとやっとやっと! 明日から旅行だぜいぇーい!!

Twitterで譲ってもらった青春18切符を使って片道7時間どんぶらこ、毎度のごとくお弁当にたまごサンドを持って名古屋と岐阜に行ってきます!

 

sakenominimal.hatenablog.com

 

もともと半年ぐらい前からずーっと約束してたの。ブログ「ぎふかいろ」sandoniさん。

岐阜に住んでて、岐阜のことめーっちゃ知ってて、アートやオシャレ、お店でもなんでもいつもセンス抜群な女性。……とか言うと本人は「まだまだそんなことない」とか言いそうだけど。でも飼い犬のかわいさだけは褒められたら素直に認めると思う(笑)

 

sandonigifu.hatenadiary.jp

 

久しぶりに会うし、とっても楽しみ。

お家に二泊させてもらうんだけど、その前にちょっと名古屋にも寄ろうと思っています。

 

f:id:sakenominimal:20170406114721j:plain

 

実はね、名古屋って私の地元なのですよ。でも実家はもう売り払っちゃってねー、ないの。

懐かしの街、懐かしの店、昔からの友達に囲まれて、私の家だけがもうないの(笑)

 

でも家族みんな前に進めたかんじでいいことかなと私は思っています。名古屋は家族のつながりと固定観念が強い街。それが私たち家族みんなをお互いに縛り合って、うまくやろうと頑張ってきたけどうまくいかなかったこともたくさんあったと思うのですよね。

 

名古屋の家がなくなってから親も好きなことをできるようになって、昔より明るくなりました。

かつては私のために我慢していたこともたくさんあったでしょう。私もそれを知っていたからどれだけ人格を否定されても無駄に頑張ってしまったところがあったと思います。実家がなくなったときは多少しんみりしたけれど、

 

「精神的に帰る場所がないのはもとよりか。」

 

と苦笑いしたものです。

 

sakenominimal.hatenablog.com

 

でもさ、そろそろ時効でいいよね、きっと。

実家のない名古屋。それでも泊めてくれて、いろいろ聞いてくれて、たくさん話してくれる友達がいる。それってさ、名古屋で育ってよかったって思える、とっても大きな理由だよね。

 

冗談めかして「どこにも帰る場所がない」と私が笑ったとき、地元の友達のうちのひとりが言いました。

 

「そしたらとれいCはどこにでも帰れるんだね、すごい!」

 

好きなところがいっぱいあって、同じぐらい嫌いなところもいっぱいある街。全部ひっくるめて、ひねた私をいつでも受け入れてくれて、だけど溶け込めはしなかった街。

 

去年はいろんな街を旅しました。旅人はしばしば気に入った街を見つけてそこに落ち着く、「沈没する」と言うけれど、私にとっての故郷はやっぱりひとつだなと思いました。

 

sakenominimal.hatenablog.com

 

そういう結論がもう出てたから、今年は国内旅行は極力控えようと思っていたの。

でも会いたい人がたくさん浮かんで、気づいたら自然と予定を立てていました。

これって旅かな? 帰省かな?

 

何をするにも便利な東京をとても気に入っているけれど、そこにずっと住もうなんてことは今のところ思っていなくて。東京に限らず、どこかひとつだけに愛着をもって「沈没しよう」と思ったことはないのです。人も自分もしたいことも、毎年どんどん移り変わっていくから。それで良いと思いつつ、ずっと残っている人間関係はやっぱり愛おしくて、きっと明日からの4日間はあっという間だろうなぁ。