読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならいいこ

私は私だもの

スポンサーリンク

身近な人ほど危ない!? ストーカーの一例と対策・対処法

ストーカーができるまで

SNSにご用心

「Twitterでぐらい愚痴らせてくれ」

 

誰でも一度はそんな思いを持ったことがあるんじゃないかな。

今回巻き込まれた友達もそんな感覚で、最近ダークな落ち込みツイートが多かった。

Twitter

本人はそこで吐き出してなんとか感情をやりくりしてるんだけど、共通の知人、フォロワーはみんなその様子を見てそれなりに心配してるのよね。

とくにストーカー男は舐めるように監視しては「大丈夫?」とかクソみたいな連絡を送ってた。

 

はじめは女の子も「親切な先輩」と思い気安く相談したが最後、いつしかストーカー男の一方的なアプローチが始まり、最終的にはもう連絡が来るたびに「ジロジロ見られている」とノイローゼ気味に(´・ω・`)

 

一途としつこいを吐き違える男

ストーカー男はもとは善良な人で、好きになったらその子一筋。

でも言い換えれば「自分にはあの子だけ」という思い込みが激しい。

 

告白して「友達のままでいましょう」とフられるも、短期間に懲りずに3回も告白した。

女の子からすればいい迷惑である。

話をきいてくれず一方的に自分の主張ばかり投げてくる人間に、どう対処しろと言うのか。

でもここでまたストーカー男がさらに主張する。

 

「自分の主張ばかり投げているとは言いがかりだ。会ってお互い納得がいくまで話し合いをしよう」

 

と言った旨の長文メールをずらずらと送りつけてきたのである。

どうしてこんなシンプルな内容のメールが長文に化けるのかというと、

 

  • 君は誤解している
  • 一方的に人を拒絶するのはどうかと思う
  • このまま気まずくていいと思っているのか
  •  君の幸せをよく考えてほしい(俺は冷静アピール)

 

などなど、「相手のため」と見せかけて人のせいにしまくっている怨念がぎっしりと詰め込まれているから。

返事に困るわなんか怖いわで対応に困っていた女の子に、追い討ちをかけるように何度もかかってくる電話。増える着信履歴。

こわいねー(ノ∀`)アチャー

 

対処法

女の子がいくら真剣に話し合ったところで、ストーカー男は納得せず理由をつけて延々と絡み続けるでしょう。

そこで事情を知る共通の友人ふたりに説得に入ってもらいました。

ちなみにこのふたりはそれぞれ彼氏・彼女との交際が順調に上手くいってる(*^^*)

 

私はここで説得を頼む相手も気をつけて選ばなければいけないと思っていて、例えばフリーの男性に頼んでしまうと、ひょっとしたらストーカー2号と化す可能性がある(´Д`)

 

そういう意味で、今回のふたりは適役だったと思ってる。

恋愛が上手くいっている人の言うことの方が説得力も増すだろうし。

 

こうしてふたりの力によってようやく、ストーカー男は意中の女の子に連絡をとらないという約束をしてくれました。

 

ストーカーになる男の発想

ふたりが話をきいたところ、ストーカー男は「告白は5回までなら大丈夫」という謎の独自ルールに基づいて動いていた(´Д`)

独自ルールに沿っている自分に問題はないと思っていて、肝心の意中の彼女が怖がっていることなんて全くわかってなかったんだね。

 f:id:sakenominimal:20160824194150j:plain

そのくせ「俺があの子のことを一番よくわかっている」などという妙な自信にあふれており、フられてもフられても懲りないポジティブ思考。

 

男性をストーカーにしないために

好きじゃない人に弱さは見せないこと

弱った女の子に構うのが好き。

実はこれは昔から今回のストーカー男の特徴だったんだよ。

「女の子の話をきいてわかってあげる自分」、そういうヒーロー気分にすぐ酔っぱらってしまう。

もちろん「わかってあげる」なんていうのは彼の独りよがりの幻想だからね、こういう一方的な思い込みによってストーカーが完成する。

実際、今回アプローチされた女の子もいろいろあってメンタルが弱ってた。

 

フッた相手に友達のままでいることを求めない

今回巻き込まれた女の子は、

 

「一回告白を断ったあと、もっとそっけなくすればよかった。」

 

って言ってた。

彼女にとって「お友達でいましょう」とは文字通りの意味でしかなかったのだけれども、ストーカー男は、

 

友達でいられる = まだチャンスがある

 

という謎のポジティブ解釈をしてしまったんだね(´・ω・`)

 

まとめ

辛いときは同性の友達に頼ろう。

SNSに愚痴るなら知人のいないアカウントにしよう。

そしてできれば、悲しい顔なんてしなくて済む環境にいよう。

 

女とは面倒な性別で、少し弱った顔をした瞬間にワラワラと厄介な男が寄ってくる。

でも一方で、女の子の笑顔には人を癒す力もある。

 

学歴、キャリア、世間体。

みんないろんなことを気にして一生懸命頑張ってる世の中だけど、女の子にとって一番大切なのは、ただ自分が弱らない環境に身を置いて、甘やかしてもらった分だけたくさん笑うことだと思うんだ。

そうやって生きていれば、必要なものはあとからついてくるよ。